ご利用の流れ

1.まずは、お気軽にお問合せください

こちらのお問合せフォーマットからご連絡ください。
お問い合わせ内容の欄をご記入の際には、ご希望の旅程や質問事項などを分かりやすくご説明頂けますと幸いです。ご希望に沿ったプランを提案します。

2.メール・LINE、メッセンジャーなどのSNSを通じて旅の詳細を相談させて頂きます

メールやLINEなどお客様が希望されるソーシャルネットワークにて旅の詳細を相談させて頂き、オリジナルツアーをご提案します。TabiZuki Indiaでは弾丸旅行はあまりお勧めしておりません。というのもインドの交通(列車、飛行機、車)は遅延が日常茶飯事、気温が高く、時差や慣れない環境の変化等により、体調を崩しやすくなる方もいらっしゃいます。旅はある程度余裕を持ったプランが楽しいインドを楽しむコツと考えています。でも短期間の旅のアレンジももちろん可能です!お客様のご希望や体力、持病、生活習慣なども加味して最適なプランをご提案しますので、安心してご相談ください。

3.正式にお申し込みください

旅の内容、お見積もりにご納得頂けましたら、こちらのフォームから正式にお申し込みください。
正式なお申し込み時には、旅行者全員のパスポートの顔写真のページの写真が必要です。SNSやメールを通してお送りください。

4.一時金をお振込みください

事前手配に際し、一時金又は全額のお振込みをお願いしております。郵便局や銀行からの海外送金、またはPayPalをご利用ください。入金を確認後、手配を開始します。残金は出発1ヶ月前までにお支払いください。なお1ヶ月前を切ってからのお申し込みは、一括払いでお願い致します。

旅行代金の額 申込時の申込金の額
20万円以上 7万円以上旅行代金まで
15万円以上20万円未満 5万円以上旅行代金まで
15万円未満 3万円以上旅行代金まで

*お振込み先
銀行名:ICICI BANK
銀行口座名:TABIZUKI INDIA PVT LTD.
銀行口座番号:182405000187
銀行の住所: INDIAN DAIRY ASSOCIATION, IDA HOUSE, SECTOR 4, R K PURAM, NEW DELHI-110022,
IFSC CODE : ICIC0001824, SWIFT CODE: ICICINBBCTS

旅行会社住所: SF-4, C-1/46, DLF Ankur Vihar, Ghaziabad UP 201009 IN’.
電話番号 +91-9711538073

海外送金に関しては、以下リンクのゆうちょ銀行国際送金に関するサイトを御参照ください。
http://www.jp-bank.japanpost.jp/tetuzuki/kaigai/tzk_kg_sokin.html

キャンセルが発生した場合は、以下の取消料が発生します(別途、お客さまへの送金手数料(送金金額の8%)を頂戴します)。

旅行契約の解除期日 取消料
旅行開始日の前日から起算してさかのぼって60日目にあたる日以降31日目にあたる日まで 旅行代金の20%
旅行開始日の前日から起算してさかのぼって30日目にあたる日以降21日目にあたる日まで 旅行代金の50%
旅行開始日の前日から起算しさかのぼって20日目にあたる日以降4日目にあたる日まで 旅行代金の80%
旅行開始日の前日から起算してさかのぼって3日目にあたる日以降当日まで及び無連絡不参加の場合 旅行代金の100%

5. 渡航の準備

①パスポートの作成
②インドビザの取得: インド渡航には観光目的でもビザが必要です。ビザの申請方法は随時更新されますので、インド大使館のホームページより最新の情報をご確認ください。
https://www.indembassy-tokyo.gov.in/jp/visa_services_jp.html

アライバルビザ(インド到着時に取得するビザ)もあります
ビザは予め日本で取得する方法と、デリーやムンバイなどインドの主要空港到着時に観光ビザを申請できるアライバルビザがあります。アライバルビザは、予めビザを取得する必要がなく、急な渡航の際には便利ですが、空港の混み具合によっては、手続きに長時間を要することもあります。このため預け入れ荷物が長時間ターンテーブルに残っていることになります。また深夜到着便の場合はホテル到着が遅れると休息時間が減ってしまいます。このためアライバルビザはお薦めしておりません。
https://www.indembassy-tokyo.gov.in/jp/visa_on_arrival_jp.html

5.当日の集合

【デリー空港にお迎えの場合】
預け入れ荷物をお受け取り後、最初のゲートを出て4番出口の前にてお待ちください。4番出口には警察官が居ます(軍人に見えますが警察官です)。
警察官が立っている位置よりも一旦外に出てしまいますと、建物内に戻ることが出来ません。4番出口を出ないようくれぐれもご注意ください。

最初のゲートを出た所です。

img

最初のゲートを出ると4番出口がありますので、4番出口付近でお待ちください。外に出ると再入場は出来ませんので4番出口から外には出ないでくださいね!

img

4番出口を出た先には客引きがたくさんいます。万が一、4番出口から出てしまっても、この広いスペースにとどまってお待ちください。フェンスには近づかないでください。

img

【デリー空港以外のご希望の場所にお迎えの場合】
ご希望の時刻にお迎えにあがります。

6.その他

旅の旅費に含まれるもの(ツアーによっては以下が別途料金の場合もあります)

ガイド代、専用車、国内航空券、列車、オートリキシャなどの交通費、食事代

旅費に含まれないもの

ミネラルウォーター、ジュースやアルコールなど飲み物代。入場料、チップ代(ドライバーは1日200ルピー、ホテルのポーターや清掃係へはホテルのグレードにより20ルピーから50ルピー)

ほとんどのインド人はとても良い人たちです!特に、ガイド付き旅行の場合は、安心して旅行を楽しんでください。
とはいえ、日本とは文化が異なりますので、以下の点はご注意ください。

治安

・荷物から目を離さない:特に置いてあるものは持ち去られる可能性がありますので、目を離さないでください。
・知らない人から食べ物をもらわない:衛生面や眠剤を仕込まれているなどの不安があります。
・公共の場所でタバコやお酒を飲まない:ホテルではお酒が飲めます。しかしお酒を全面禁止している州があり、ここではホテルでもお酒が飲めません。飲酒が許されている州でも、お酒は結婚式などのお祝い事を除き、インド人が常飲する習慣はあまりないのが実情です。お酒やタバコは公共の場では控えてください。
・安全な専用車を使う:エアコンの効いた専用車が便利で安全です。
・リキシャ(自転車の後ろにお客様が乗る):値段交渉が必要です。運転手は英語が通じない可能性が高いです。このため目的地にスムーズに到着するのは非常に困難です。
・オートリキシャ(自動3輪車):値段交渉が必要です。少しだけ英語が通じる人が多くなりますが、ガイドと一緒でない場合はお薦めしません。
・メトロ:デリーなどの大都市ではメトロ(地下鉄)の工事が進み、渋滞がないメトロは便利な乗り物です。改札前にはセキュリティーチェックがあり、監視カメラも多く設置されているため、比較的安全です。1両だけ女性車両がありますので、女性は女性車両に乗ってください。

衛生面

ホテルやレストランで提供されるペットボトルの水は衛生的です。ガイドは衛生面で問題がない飲食店にお連れします。しかし暑い、水が変わる、刺激の多い食べ物、タイトなスケジュールなどにより、体調を崩してしまう場合があります。夜は早めに休息して明日のプランに備えましょう。屋台の食べ物は衛生的ではないので、ガイドがOKしない限り食べないでください。知らない人から食べ物を受け取らないでください。
またトイレは可能な限りホテルやレストランの洋式トイレにご案内します。しかしガソリンスタンドなどにあるトイレをご利用いただく事もあり、そのような場合は日本の和式トイレのようなトイレになります(このようなトイレには備え付けのトイレットペーパーはありません)。
お客様の体調が崩れた際は、病院の受診の付き添いやホテルの滞在時間を伸ばして休養していただくなど、柔軟にプランを変更してお客様のケアを最優先致します。

その他、よくある質問もご覧ください。